上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ようやくそらみつの1周目が終了しました。
なかなか深いストーリーでしたね。

まずは、静香シナリオを終えたので、レビューと感想を書いてみようと思います。

(以下ネタバレ注意)
集められた飛行候補生メンバーの中で、最も常識人、かつお人好しな性格の静香
学園が占拠され、1ヶ月以内に空を飛ばなくてはならないという事実を突き付けられ、口では認めたがらなくてもお人好しな性格のため、しぶしぶ協力していました。

選択肢は、最初の選択肢で家に招き入れ、作ってもらう料理は勿論女体盛り(笑)
あとは、他のキャラの選択肢を避けながら、放課後は科学室で手伝いを続けるとルートに入れます。

ただし、翔とかりんが徐々に仲良くなってきたことに嫉妬した静香がデートのお誘いをしてくる場面で、
誘いを受けたらバッドに直行します。
他にも引っかかった人がいるのではないでしょうか?
というか、初見でこれを一発回避できた人の意見を聞いてみたい気分です;

というわけでここでは誘いを断るのですが、これが原因で2人は仲違いします。
ギャルゲーにはありがちなすれ違いパターンですが、こういうシーンが1回はないと面白くないですね。

数日間顔を合わせられない2人は麻衣子の仲介で仲直りのきっかけを得ます。
本当に麻衣子はいいキャラですね。
麻衣子ルートがあってもいいのではないでしょうか?
コンシューマ化の暁には是非麻衣子ルートを!!!・・・・・スイマセン;
以下プロレヴォで使われたフレーバーの部分を編集して抜粋します。

静香「私が翔のことを嫌ったことなんて・・・・・・一度たりともないわよ」

翔「静香・・・・・・」

静香「ホントは私が勝手に怒ってるだけだって解ってるの。でも、翔は優しいから、謝ってくれるんだよね?」

翔「いや、今回は・・・・・・麻衣子に言わせれば、俺が悪いんだ。きっとまた、女心ってヤツが解らなかったんだろうな」

静香「んもぅ、マーコったら・・・・・・私の嫉妬が原因なのに・・・・・・でも、私だってショックだったんだからね?私と一緒にいるくらいなら鳥井さんと一緒に作業している方が楽しいって・・・・・・」

翔「ちょ、ちょっと待てよ。俺は別にそんなことは一言もいってねーだろ。ちゃんと静香と一緒にいるのは楽しいって言うか・・・・・・逆にお前がいねーと落ちつかねえんだよ。・・・・・・だからさ、来いよ、みんな、お前が来るのを待ってるからさ・・・・・・」

静香「でも、私・・・・・・いいのかな?」

翔「いいも悪いも、静香じゃなきゃダメなんだよ。かりんも初めにそう言ってただろ?お前は、あいつに選ばれた飛行候補生なんだぜ?みんなで協力しなきゃ、きっと届かないんだよ。だから、もう一度がんばろうぜ」

静香「・・・・・・うん」

なかなかいい仲直りの場面ですね。
十分に感動的な話だと思います。
最初はここでくっつくのかと思ったのですが、もうひと波乱がありました。

6年前に静香を襲った事件、崩落寸前の廃ビルから静香を守るために一人の少女が身代わりとなり、命を落としてしまいました。
それ以来静香は、「お姉さん」の命日には決まって墓参りに訪れ、塞ぎ込んでしまうのでした。
翔はそんな静香を元気づけるため、動物園へデートに誘います。
なんといってもここでの1番の見どころはカバの可愛さにはしゃぐ静香でしょう。
カバよりも静香の方が可愛い
このデートの最後に二人は気持ちを伝え合います。

そして最終パート、静香を襲った突然の高熱、明らかに不可思議なものであり、翔と麻衣子は頭を悩ませます。
その正体は、6年前の事故で死ぬはずだった静香をその場にいないはずの人間が助けてしまったという事実からくる歴史の変動、そう、「お姉さん」とは、タイムマシンでやってきた未来の麻衣子でした。
麻衣子はこの事実に決着をつけるため、トリ太と共に過去へ向かって静香を助けにいきます。
そして崩落寸前のビルの中、静香を見つけ出した麻衣子は、落盤により重傷を負ってしまいます。
危機一髪で静香を救った麻衣子は、落盤の下敷きになり力尽きてしまいました・・・。
正直この時点でもう涙が止まりませんでした。まさかこんな結果になろうとは・・・・。

エンディング、歴史の崩壊から逃れた翔と静香は、「お姉さん」こと麻衣子の墓参りに来ていました。
そこでなんと、死んだはずの麻衣子が登場します!!!
正体は現代で静香を助けた未来の麻衣子でした。
実は生き延びていたのです。
6年ぶりの再会に喜ぶ麻衣子と静香。
何というか、主人公完全に空気ですね!!!
クライマックスの主人公は完全に麻衣子、これは麻衣子と静香の百合エンドといってもいいのではないでしょうか?

総評:最後にもうちょっと翔の見どころがあってもよかったかなぁ・・・。
これでは主人公は完全に麻衣子です。
とはいえ、ストーリーは非常に感動できるいいものだったと思います。
今後プレイするルートも楽しみですね。
関連記事

2008.08.02 Sat l 空を飛ぶ、3つの方法。 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/38-6130a85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。