上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は夏コミ前の最後の休日で、色々と進めておきたいネタがあってどれをやろうか迷っていたのですが、そらみつのプレイを進め、2周目の灯シナリオをクリアしました。

夏コミのブロッコリーブースでもそらみつのグッズセットがイベント限定販売されます。
テレカ、うちわ、MFタオルなど、なかなかお買い得な商品が4000円のお手軽価格なので、これは是非とも行っておきたいところですね。

(以下ネタバレ注意)
飛行候補生の中でも最年長で頼れる年上のお姉さん的な存在の
もともと事故や事件に巻き込まれやすい体質らしく、今回の一件に巻き込まれても他のメンバーと違って全く動じていなかったところに威厳を感じます。

選択肢は放課後は科学室の手伝いに行かずにすぐに帰宅し、行く先々で追って行けば割と容易にルートに入れます。
どうやら共通パートでは花蓮と二択のルートになりそうですね。

ある夏の暑い日の中、空を飛ぶためのアイデアも浮かばず、邪な煩悩やエロスなハプニングに心を乱され続けてきた翔をどうにか更生させようと、灯は翔を茶道部に誘います。
憧れの先輩とマンツーマンという反面、猛暑の中でお茶を飲むという生き地獄に板挟みになるという毎日の中、櫻井、花蓮の提案で夜の学園で肝試しをすることになりました。
翔は他のメンバーの中では割と怖がらなさそうな灯を肝試しに誘うのですが、なんとびっくり、灯は怪談が大の苦手でした
誰が見ても怖がっていることは明確なのにそれでも怖くないと意地を張り続ける灯、この辺から理想の先輩像が崩れ始めてますね;

肝試しの翌日、冷静を装ってのセクハラハプニングに遂に灯がBR09054「怒りの灯」モードに!!
ここでの選択肢は逃げ腰になってはいけません。
男には引いてはならない時があり、ここは立ち向かいましょう!!
翔は灯に決闘を申し込みます。

翌日、静香、麻衣子、秀一が見守る中、自分の考えを解ってもらおうと灯に戦いを挑む翔ですが、灯翔鈴白流剣術BR09058「秘剣・白杖円舞」の前に敢え無く敗北します。
何気にこの流派の名前は「灯」と「翔」の文字を使っていることが気にならないでしょうか???
その後の罰ゲームである、眼鏡を掛けた灯とマンツーマンでの勉強会は、やはり脳が悲鳴を上げるまでに至ったそうです・・・。
(注:翔はかりんのような眼鏡を掛けた女性が大嫌いです)

後日気晴らしに海へやってきた飛行候補生一行、しかしどうやら灯だけは乗り気でないようです。
そんな中でビーチボール大会が行われました。
チーム分けは、深空・かりん組、静香・麻衣子組、翔・灯組。
最初の深空ペアとの試合では、選択肢で試合の流れが変わります。
最終的にかりんを狙うと意外な展開で試合に敗北するので、ここは深空を狙います。
以下、今回もプロレヴォで使われたフレーバーの部分を編集して抜粋します。

灯「天野くん?」

翔「は、はいっ!?」

灯「いくらなんでも、少しやり過ぎですよ。相手は雲吞さんや鳥井さんなんですから」

翔「す、すいません・・・・・・つい先輩や花蓮を相手にしてるつもりになって・・・・・・」

灯「どういう意味ですかっ!」

翔「ち、違います!決して変な意味ではなく・・・・・・」

灯「ぶぅ。私だって、か弱い女の子なんですからねっ

翔「(よ、余計なこと言っちまったな・・・・・・)」

試合に勝利した翔達の次の対戦相手は静香・麻衣子ペア。
しかし、やはり灯はどこか調子がおかしいようです。
それに気づき、執拗に灯を挑発する麻衣子。
翔も何とか普段の調子を取り戻させようと一緒になって煽るのですが、ここであまりのいわれに耐えられなくなった灯が復活!!
それからはもはや勝負にならず、圧倒的大差で翔・灯ペアが勝利しました。
うーん・・・、先輩がどんどん壊れていく・・・;

バレーが終わったら再び元気がなくなってしまった灯を元気づけるため、翔は灯を売店に誘うのですが、なんと灯は砂浜で倒れてしまいました。
原因は、灯は目が見えないので超聴覚と空間把握能力で生活しているのですが、そのため普段はあまり足を運ばず、人が沢山いて音が入り乱れている場所が不慣れで、かつ失明のもととなった事故当時は人が大勢いたにも拘らず、誰も助けてくれなかったというトラウマによるものでした。
翔はどんな時でも自分が支えになることを約束し、灯に気持ちを伝えます。
思えば、付き合い出すまでの展開が嫌われてもおかしくないような出来事ばかりだったので、その部妙な距離感をここまで維持できたことにビックリです。

翔は灯の人混みに対するトラウマを克服させようと遊園地にデートに誘うのですが、ここで最後のアクシデントが起こります。
灯は迷子の女の子が手放してしまった風船をキャッチするため、目が見えていないにも拘わらず階段に飛び込み、転落してしまったのでした。

灯は病院で一命を取り留めたのですが、頭部への衝撃が原因で聴覚に障害を負ってしまい、耳が聞こえなくなってしまいました。
目も見えず、耳も聞こえない文字通り暗闇の世界、翔は灯の支えになろうと、常に側にいることを決意します。
その間の灯との会話は、掌に文字を書くことで行うことになりました。

数日後、灯の事故のことを知った飛行候補生達が訪ねてくるのですが、翔は日々の無理が祟って倒れてしまいます。
仲間に看病を任せ、休養を取る翔。
飛行候補生の仲間達は本当にいいキャラばかりですが、当の翔本人はどうも恋人の一大事に周りが見えなくなり過ぎている感じがしますね。

4日間の休養を終えて戻ってきた翔が見たものは、秀一が翔になりきって灯と話している光景でした。
灯は翔が側にいないと精神の発作を起こしてしまうことがあるため、翔のいない間は秀一が翔の代役をするという麻衣子の提案だったのですが、翔はこの事実を受け入れられませんでした。
今の灯の微笑みは自分に向けられているものではない、もう自分の知っている灯はいない、自分の居場所はないと悟った翔は、皆の知らぬ間に町を出ようと決意します。

しかし翔が町に別れを告げようと思った瞬間、なんと後ろから灯の姿が!!
視覚・聴覚を奪われた灯は、なんと嗅覚を頼りに秀一を偽物と見抜き、本物の翔を追ってきたのでした。
これにはビックリ!!そして主人公の意志の弱さにもビックリ;;

エンディング、リハビリを終えた灯は、超聴覚はなくなってしまったものの、人並の聴力が回復するまでに至りました。
目の手術も成功し、晴れて翔の顔をじかに見ることができました。
これも空間把握能力が起こした奇跡なのかもしれません。
二年後、卒業した翔と灯は学園の屋上に忍び込み、素晴らしい仲間と巡り合わせてくれたかりんに届くよう、お礼の手紙を紙飛行機にして飛ばします。

総評:灯は自分では弱いと言っているが本当に強いです。
そして主人公、ヒロインが本当に好きなら度を過ぎた暴走をせずにもっと足掻いてください。
ああ、翔の評価がどんどん落ちていく・・・;
ただ、これらは主人公が空を飛べなかった結末なので、メインシナリオでの翔の活躍に期待ですね。
ギャルゲーとしてのシナリオの出来は静香ルートよりもいいと思います。


それでは、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
次は花蓮シナリオを攻略予定です。
関連記事

2008.08.10 Sun l 空を飛ぶ、3つの方法。 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/44-5a5695e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。