上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
実は発売日に買っていてしかもバナーも随分前から付けていたのですが、本日ようやく「D.C.ⅡP.S.~ダ・カーポⅡP.S.~」の一周目をクリアしました・・・orz

あれから本当に色々あってプレイ感覚が空き過ぎてしまいましたが、これはサーカスファンクラブ会員としてさすがに恥ずべき失態・・・(><)
このペースでは残り11人本当にクリアできるのか全くもって怪しいのですが、しばらくは新作の購入は自重しようと思います(汗)
いくらなんでも積みゲーが多過ぎですね;;

まずはPS2版でヒロインに昇格した沢井麻耶シナリオをクリアしました。
前述しましたがプレイ感覚が空き過ぎて記憶が疎らになっているのでちょっと簡単になってしまいますが、レビューと感想を述べてみたいと思います。

(以下ネタバレ注意)
ルートの方は、クリパ編では出し物をSSP(セクシー寿司パーティー)にして委員長の行方を追い続け、冬休み編の補修合宿でも引き続き委員長の選択肢を選び続ければ難なくルートに入れます。
D.C.シリーズは場所移動と選択肢が分かり易いので狙いのヒロインを攻略し易いのが魅力的ですね。

固有シナリオで新規に登場するキャラクター、沢井勇斗はPC版でも存在に触れられてはいましたが、さすがに委員長の弟というだけあって普通の5歳児に比べるとかなりしっかりして見えますね。
このキャラの設定を考えた制作側が素直に凄いと思います。
彼の何気ない一言がきっかけで義之と麻耶が勇斗と連れてさくらパークに行くことになるなど、二人の仲を取り持つための重要な役どころを持っていたりします。

そしてPC版の美夏ルートをプレイされた方はお分かりかと思いますが、麻耶ルートでも美夏の存在が大きく関わってきます。
ある日、水越先生が一週間出張のため、その間義之の家に美夏を預けるといい、その事実に嫉妬して自分も泊まり込むと言い出した麻耶。
思えばこの事実そのものが麻耶に美夏がロボットだとばれるフラグになっていたのかもしれません。
そしてこの奇妙な(?)お泊り会の間に美夏の計らいのおかげで義之と麻耶は気持ちを伝え合います。
本当にいつどこでハプニングがあるのかと冷や冷やものでしたが、この一週間の間は何もありませんでした。

しかしほっとしたのもつかの間、出張から帰ってきた水越先生に一週間の様子を報告しているところを麻耶に聞かれてしまい、遂に美夏がロボットであることが麻耶にばれてしまいます。
ロボットに対しての強い嫌悪感を持っていたためにとたんに美夏に対して手の平を返す麻耶。

麻耶の父である沢井拓馬博士はロボット工学の第一人者で人間型ロボットの開発に携わっていたために世間から強いバッシングを受け続け、それが元で自殺、残された母親は女手ひとつで子供達を養うために働き続けるのですが、過労の為倒れてしまうなど、ロボットが原因で家族の幸せを奪われた麻耶は、それに対する強い嫌悪感を抱かずにはいられないでいました。
(ちなみに母親の名前は沢井綾子、作中ではイベントCGで登場します)
ここまではPC版をプレイしていたために知っていたのですが、PS2版では更に隠された深い事情がありました。

天枷博士の試作品を元にして沢井博士が作り上げた人間型ロボット”ミアキ”。彼女は沢井美秋として沢井家に招き入れられ、麻耶から姉のように慕われていました。
そして突然襲った悲劇、ミアキはロボット排斥団体の手によって無残にも破壊されてしまいます。
帰宅直後、動かなくなった姉の姿を見て絶句する麻耶。
身内からしてみれば殺人にも等しい行為が、世間では器物破損剤としてしか取り上げられず、制作側であるはずの研究所では葬式も挙げられなかったため、麻耶はその事実を認められず、美秋は最初からいなかった、あれは人の形をした物だったと思い込むようになり、ひたすらロボットに対する敵意を向けるようになってしまっていました。

美夏は友達になれそうだと思っていた麻耶がロボットに対する強い嫌悪感を持っていたことにショックを受け、責任を感じて自ら再び人工冬眠をする道を選びます。
既に冬眠の準備段階に入ってしまっている美夏を再び目覚めさせられるのは麻耶だけだと思った義之は、麻耶に伝えたいことを伝えて一人研究所へ向かいます。

タイムリミット目前と迫ったところで研究所に麻耶が到着したのですが、未だ自分の中でのトラウマがぬぐい切れておらず、美夏になんと声をかければいいか戸惑ってしまいます。
そこで枯れない桜の起こした奇跡により、美秋の幻影が登場します。
あと一歩を踏み出せずにいた麻耶の背中を優しく押してあげる美秋。
「おはよう・・・天枷さん」

エピローグ、麻耶と美夏はより一層仲良くなった感じみたいですが、エピローグに美夏は登場していないので、どうせなら出して欲しかったかなぁと。
麻耶は父親の覗いた世界をもっと深く知るために進路は理系を選び、卒業後はロボット工学の道に進むことを決めたようです。

このシナリオでは、枯れない桜が枯れてしまったことにより、義之の存在が消えてしまう事件はありませんでした。
新ヒロインと義之の関係を楽しむというよりも、PC版で語りきれなかった話を伝えるためにできたルートのように見えます。
でも、PC版の状態ではどこか物足りない部分があったため、委員長の更に深い部分を知れてこれはこれで満足ですね。

簡単にしようと思ったはずが、またまた長くなってしまいました;;
次はまゆき先輩辺りを攻略しようと考えてますが、また物凄い時間がかかってしまいそうです;
2008.08.25 Mon l ダ・カーポⅡ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/57-702d22ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。