上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
はい、え~・・・どうもこんにちは!(^^;)
震災の影響でドタバタしている内にあっという間に3月も最後の1日となってしまったわけですが、その間に例大祭が延期になったり、ユースティアとRewriteの発売日が延期になったりなど、仕事面以外でもショックな出来事が立て続けに起こってどうもモチベーションが上がらない今日この頃なのであります;
気合いを入れ直さないといけませんね!(^^;)

そんなわけで今日の近況報告1つ目なのですが・・・

VOCALOID Lily

無謀にも、Lilyを買ってしまいました!!(^^;)←

目的としては個性の追求、またデュエットやリメイクの幅を広げることで、最初は性質はリンに近いのかな~・・・と、思っていたんですよ;
ところが練習がてらに調整を試してみたんですが、どうもルカに近いような気がするんですよね~・・・;
つまり、若干癖があって現状では簡単に使えるような子ではないということです;
これは・・・時間をかけて練習してみるべきか・・・。
これだけのことではさすがに妥協はできないので、最初はどれだけ時間がかかっても、オリジナルにチャレンジしてみる予定です(^^;)

次に、今月頭くらいから制作を決めていたウチのレン君のソロ曲ですが、間に震災のトラブルが入ったために随分と満足な制作着手ができないでいました;
ですが、何とか時間を見つけてメロと歌詞の確定まで作ることができましたので、今日はいつもの通り歌詞を先行で載せておきたいと思います。

曲は、「FINE MEMORIES」。
レンcoldのボーカルでバラード調のメロディを歌ってみました。
出会いと別れの記憶をイメージした詞を書いており、実際レンのソロは初めての挑戦ではあったのですが、どことなく今までの癖が残っているかな・・・?という感じではありますね~;
まあでも、少しでも聴き易く、そして新たな試みができるよう頑張ってきました。
どうにか完成まで辿り着けたら・・・と、思います(^^;)

それでは、追記をどうぞ!
【鏡音レンAppend】FINE MEMORIES【オリジナル】
作詞・作曲:@奉行

君と出会った最初の坂道を
見上げると いつも思い出す記憶 
初めての景色で1人 佇んでいた あの頃の自分に

「どうしたの?」
君は迷いもなく
ただ 僕を見てくれた
ぬくもりに寄り添い
同じ時を過ごして 笑い合いながら

共に歩いた日々はもう
二度と戻らないけれど
今も僕の記憶は
一番大切な心を教えてくれた
君を 忘れないから
いつか刻が過ぎて この場所に帰る時は
必ず会いに行くよ
素敵な思い出をくれた君に “ありがとう・・・”


あの日交わした 最後の約束を
僕はまだ 今も果たせていないけど
再会の時には君に 伝える言葉 忘れてはいないよ

「不思議だね・・・?」
君はどんな時でも
そう、元気を分けてくれた
不安になりそうな夜も
ずっと魔法の 微笑みを見せて

一度きりの人生の記憶には
悲しみや辛いことがあっても
未来で最高の笑顔を教えてくれた
君に 届けたいから
季節は繰り返し また戻ってくる時は
思い出の場所で会おう
今日から新しく始まる日々に “よろしくね・・・”

記憶の欠片を繋ぎ合わせて いつかは・・・

過去も今も未来でも僕は僕であるように
同じ存在だけど
記憶は君と過ごした日々の数だけ
色を付けていくから
この坂道でまた 思い出を
語り合う時には 君の前で
全てのこの気持ちを打ち明けたい “大好きだよ・・・”
関連記事

2011.03.31 Thu l VOCALOID l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/589-a55d2e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。