上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今月は月初から職場で立て続けにトラブルに遭遇して疲労度がいきなり急上昇し、ぐったりしていたのでちょっと更新のペースが落ちてきました・・・(><)

そんなわけで数日置いての更新です。
ぺんしるが発売してから一週間が経過し、そろそろ新環境が出来上がり始めてきた頃かと思いますが、私はデッキができていてもまだ回せておらず、結構ウズウズしていたりします……;;
うぅ・・・、早くデッキ回したい・・・。

とまあ、凹んでいても仕方がないので、今日はこの辺でぺんしるのまだ取り上げていない注目カードの簡易考察を行ってみようと思います。
そして気分転換も兼ねてテンプレートを変更しました。
こげどんぼ先生、どうもありがとうございます。
今回も使わせて頂きます。
<雪>
・春日かれん
今回の雪の最注目カード。
コンバ前、後共にドロー関連のテキストのため、新しい主力になれる可能性を秘めた1枚。
コンバ後はジャンプを持っているため、フィアッカの上位交換としても使えそうなカード。
着目すべきはベルナルドのテキストで、維持するのにデッキを破棄し続けなければいけないが、敵キャラが行動済み状態で登場するようになるのはかなり強力。
ドラゴンテイマーの効果でゴミ箱からも引いてこれるため、積むのは1枚で十分。
是非ともコンバ後にセットさせたいところ。


<月>
・雀宮一恋
タップさせることでデッキから月属性のアイテムを引いてこれるため、魔女っ娘委員会を使ったプリっちデッキで何気に活躍してくれそうなカード。
勿論そのまま使っても創作と同条件でドロー効果を得られるためかなり強力。

・ヘンリエッタ
コモンでありながらもタップすることでデッキの1番下のカードをコストとして使えるテキストは評価したい。
自身のコストパフォーマンスも良好なので沢山積んでも問題ないカード。

・プリーシア
月のAP4女性アタッカーとしては初の前列全てに登場できるキャラ。
レッドホットショットは1回きりの能力でありながらDP2以下の対戦キャラを破棄できるため、場を固めるタイプの月デッキなら投入する価値は十分にあるかと。


<宙>
・委員長
今回の宙の最有力カード。
相手ターン開始時に自分のゴミ箱の宙カードを4枚取り除くことで次の自ターン終了時まで味方キャラは相手の効果のよって場を離れなくなる。
つまり、登場ターンに委員長を除去れなければもう委員長は除去れなくなるに等しくなる。
宙と雪の相性を逆転させる可能性を持った一枚。
コンバ後もデッキボーナスやペナルティによって大ダメージを狙えるので、相手が雪絡みでない時にコンバさせるのも効果的。

・リースリング遠山
ダブルショットは1ターンに2回使ってしまうともう使えなくなるので、実質毎ターンデッキを1枚破棄する弱体化パエリアのような能力。
宙単では若干パワー不足なため、多色デッキで引き篭もりたい時にお勧め。

・テレサ・シスター・ヘル
血の十字のテキストのためコンバさせやすく、なかなか強力なキャラ。
シスター・ヘルは高い能力値とペナルティの追加ダメージ効果を持つが、ステップの恩恵により委員長のコンバよりも大ダメージを狙い易い。


<花>
・フィーリア
花属性初のアグレッシブキャラなので、新たな可能性を生み出せるカード。
初手に出してアタックさせた後はタッチして後列に下がると効果的。
とはいえ、翠のように積みの一手で使えるカードではないので過信は禁物。
花単よりも多色デッキで使うと面白くなりそう。

・クルル
能力、テキスト共に非常に優秀なカード。
コンバ前は自分以外の同オーダーに特訓同様の効果を与える。
コンバ後のスターラートヒールは私の見解ではおそらく春姫よりも使い勝手が上な回復系効果かと。
それに加えてサイドステップ持ちなので攻撃と回復を同時にこなしていくことができる。
正に花の新たな主力候補。

・神森櫻乃
タップさせずにDP+1をどこにでもとばすことができる。
加えて自身もサポーターを持っているので、これはすももの時代は終わったか!?
現在の花のトップレートカードで、今後多くのデッキで使用が予想される。

・ダンスパーティー
ある意味で特訓よりもバトルで一方を取れることができるカード。
相手キャラにこの効果で羽入の能力値をコピーさせるととんでもないことに・・・。


<日>
・雀宮林檎
ついつい杏璃と比べたくなってしまう新たな魔女っ娘キャラ。
アクアブーストは最大7点ダメージを狙えるため、潜在能力はパエリアよりも高い。
が、コンバ前のDPが1しかないために相手キャラにペナルティを与えて狙う追加ダメージが非常に使いにくく、コンバ後のサイドステップとオーダーステップの差はいかにも・・・。
よって最終的な評価は揺らぎ状態だが、日花でDPを上げる効果と組み合わせるとアクアブーストが一層使い易くなるため、今後の活躍に期待。
どうでもいいですが、水使いなのに日属性なのか・・・。

・白倉音代
名前はメロディと読むらしいです(笑)
今回の日の収穫キャラの1枚。
コストパフォーマンスがよくて登場場所も広く、デッキボーナスも強力なのでデッキタイプを問わずに積んでも問題ないカード。

・ハヤウェイ
デフォルトで422の高い能力とステップを持つ強力カード。
テキストは1回限りだが、状況を問わず活躍が期待できる。
4コストなのでおみやげ型でなくてもいい所もある意味ポイント。

・矢口茉理
3コストサイドステップ持ちなのでおみやげと相性がよく、SP2も見逃せない。
テキストはコストこそ高いものの、DP-2、SP-2の効果はかなり強力。
移動型のデッキには投入できる1枚。

・リリアン先生
前記事でも多少触れましたが、相手ターンにテキストを使うことで真価を発揮するカード。
これとナナカ・林檎を組み合わせたデッキを日使いなら一度はやってみたいかなー・・・・・・と;

・さっちん
本名高橋サチホ。
これはどうやって使うんだろう???の1枚。
人気はあるのに明らかにアンコモン以上のキャラと差を付けられてしまい、原作同様にダメキャラの烙印を押されてしまった可哀相な娘。
とはいえ、2コスト31キャラなので能力値が使えないわけではないため、このカードをデッキに入れるかどうかでプレイヤーの愛が試される……はず;;


こんな感じで久々に長めの考察を書いてみました。
少しでも参考になれば幸いです。
関連記事

2008.09.06 Sat l Lycee l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/63-0e5f6250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。