上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年もこの日がやってきました!!
今日は鏡音リン・レンの6周年のお誕生日!!
今回もお祝いの舞台に上がらせて頂きましたー!!><*


【鏡音リン・レンAppend V3】Precious to me【オリジナル】




6年という月日は長いようであっという間でしたね・・・!
その中でも、今年は特に色々なことがあったと思います。
実家と関東とイベントから離れ、一人で東北に移り住み、その中で作ってきた今年最後の曲。
かがようで頒布したCDに収録された1曲を今日というお祝いの日に捧げようと思えます。

作詞はナタリアさん、イラストは朔晦さんが担当しました。
Vocalはリンsweet、レンseriousのデュエットで、いつものV3コンバートをかけました。
鏡音が居なければ2人とは恐らく出会えず、ましてはサークルをやるなんて以ての外だったと思います。
リンちゃん、レンくん、本当におめでとう。
みんなと支え合ってきたこの1年、本当に楽しかったよ。
これからも、ずっとずっとよろしくね(*^^*)


※お詫びと訂正
かがようで頒布したこの曲の歌詞カードのページに、1箇所誤記が見つかりました。
誤)そんな遠い先のこと  正)そんな先のこと
動画内では修正されております。
大変失礼致しました。この場を借りてお詫び申し上げます。



追記は歌詞紹介です!★
【鏡音リン・レンAppend V3】Precious to me【オリジナル】
作詞:ナタリア  作曲:奉行P

薄暗い部屋の中 生まれた僕を抱きしめて
知らないことはいつだって あなたが教えてくれました

大きな手のひら握りしめ ついて歩いた幼い日
思い返せば懐かしい セピア色した写真立て

笑いのたえない夕ご飯 テーブルの前 笑う人
『いつかこの時間がなくなっても 僕は歩いていけるかな』
『いつかこの場所がなくなっても 僕は生きていけるかな』
考えたってわかんない そんな先のこと 


故郷から夢追って 見知らぬ街に飛びこんだ
慣れないことに戸惑って あなたの苦労を知りました

ちいさなブーケに詰めこんだ 声に出せないありがとう
真昼に鳴った着信の 向こうで聴こえた涙声

ひとりっきりの夕ご飯 テレビの前 笑う人
『いつかあの時間がなくなっても 僕は歩いていけるかな』
『いつかあの場所がなくなっても 僕は生きていけるかな』
怖くなってうつむいた 遠くない未来のこと


笑いのたえない夕ご飯 テーブルの前 笑う人
『いつかこの時間がなくなっても 僕は歩いていけるはず』
『いつかこの場所がなくなっても 僕は生きていけるはず』
顔をあげてつぶやいた 「生んでくれてありがとう」
関連記事

2013.12.27 Fri l VOCALOID l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fhroom.blog32.fc2.com/tb.php/730-4fbdfb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。